top of page
検索

二日酔いか太るか。不調改善トレーナーが教えるお酒を飲む際の2択!

更新日:2023年8月19日

こんにちは!

渋谷鶯谷町で活動をしている

肩こり・腰痛・ぽっこりお腹・脚のむくみなどにお悩みのあなたの味方

不調姿勢改善専門パーソナルトレーニングジム【grlowパーソナルジム】の助川です!



さて、表題にある「もっとも悩むチョイス」ですが


それは一体なんのことか。



二日酔い
アルコールを摂る際の選択肢

それは

【アルコールを飲む際にすること】

お酒が好きな人にこのチョイスを問いかけると

なんとも渋い顔をする内容です。

そのもっとも悩むチョイスをご紹介しましょう!




それがこちら


①「二日酔いを防ぎたければ、お酒の席でブドウ糖(炭水化物)を一緒に摂取してください。

けれどその代わりに身体の脂肪蓄積が起こる可能性が高くなります。」


②「太ることが気になるのならお酒の席で炭水化物を摂取することやめてください。けれどその代わりに二日酔いへのリスクが高まります。」


このチョイスです。

お酒が大好きでついつい飲みすぎちゃう方にとっては

どちらも選び難いものですよね。



なぜそのチョイスになるのかというと

どちらも共通するワードが「炭水化物」



アルコールを摂取すると

身体は低血糖状態になりやすくなります。

普段低血糖状態になると

肝臓に蓄えられていた糖質を使って血糖値を調整するのですが

アルコールを摂取していると

肝臓がアルコールの分解に忙しくなり

血糖値の調整が効かなくなってしまうのです。



そのため低血糖状態が続き

朝起きた時に頭がガンガンするなどの

いわゆる「二日酔い」になってしまいます・・・。



それを防ぐために

炭水化物を調整して血糖値を高めたいのですが

アルコールと糖質というのは大の仲良しで

同時に摂取して結びつくと

脂肪というお子さんをたくさん作ってしまいます。。


なんという身体のシステム。。

私は下戸なのでこの問題には無関係ですが

あなたはどちらを選びますか?

それとも「呑まない」選択もありますよ?


助川





閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page