top of page
検索

【脚痩せ】のための股関節を整える方法①


こんにちは!

渋谷鶯谷町で活動をしている

肩こり・腰痛・ぽっこりお腹・脚のむくみ」などにお悩みのあなたの味方

姿勢改善専門パーソナルトレーニングジム【grlow(グロウ)パーソナルジム】の助川です!



女性が気になるのが『脚のライン


パンツを履きこなしたい!と思う方も多いのでは無いでしょうか?



そんな方に

ご自宅でもできる簡単な脚痩せ方法をお伝えします!

脚痩せをしたい場合

単純にスクワットなど脚のトレーニングをしても絶対に痩せません



なぜか?

それは・・・




大転子
ここがズレると脚が太くなりやすい


脚の太さを変化させるには

股関節のポジションが整っていることが大前提だから!

股関節は上の図のの部分が身体の軸の中心にあることが正しいポジションと言われています。(下図参照)







姿勢ランドマーク






この部分が中心よりも前方ずれてしまうと

脚(大腿骨)が内側に捻れてしまい、いわゆる内股状態になります。














お尻をキュッと締めてくれる筋肉が大腿骨についているため

内に捻れることでお尻が広がり、ペチャっとつぶれてたるんだお尻になってしまいます・・・。


またお尻の筋肉の活動がおろそかになるため

股関節がうまく機能せず、その代償として膝を動かすことで活動を維持したりするのです。



外側広筋





膝を動かす筋肉のメインは


前もも(大腿四頭筋)


内股状態での活動となると


前ももの中でも外側(図参照)が

パンパンorもっこりするんです。




そんな状態でスクワットやらランニングやらしたら

より張りや太さを助長しかねません・・・。







まずは機能しなくなっているお尻の筋肉の硬さを取ることからはじめましょう




方法①




お尻の下にボールを置く





●お尻の下にボールを置きます。













脚を組んで円を描くように動かす




●ボールを置いた側の脚を四の字に組みます。


円を描くように動かしましょう。









※めっちゃくちゃ痛い場所があったら無理に動かさず止まってもOK、

※無理のしない範囲でやりましょう。力むようなら逆効果になってしまう可能性があります。


片方をほぐし終わったら

両方のお尻が床につくように座ってみてください!

ほぐした側のお尻が床に吸い付くように感じが出たら最高です!



助川

閲覧数:6回0件のコメント
bottom of page