top of page
検索

猫背・巻き肩にお悩みのあなたへ

更新日:2023年8月19日


こんにちは☀️渋谷区鶯谷町にある 肩こり腰痛・ぽっこりお腹・下半身のたるみ』などの、身体の悩みを抱えた方に寄り添う 姿勢改善専門パーソナルトレーニングジム 【grlow(グロウ)パーソナルジム】の古山です😊



本日は肩こりや首こりの原因でもある巻き肩(内肩)改善の方法をお伝えします‼️



猫背、巻き肩
小胸筋の位置(正面)


今回注目するのは

「小胸筋」という筋肉。


まずは、説明から❗️





『小さい胸の筋肉』

文字の通りですね笑





この筋肉の上には「大胸筋」があるため

パッと表面から見ただけではどこにくっ付いているかわからない筋肉です。







猫背、巻き肩
小胸筋の位置(横)

この筋肉は矢印の方向に縮むので、


硬くなりすぎると、


肩甲骨が外に広がり

少し前方移動してしまうので、

背中が丸まってしまいます。


いわゆる、

猫背になりやすいという事です‼️





猫背・巻き肩の方は小胸筋を放って置けない存在なのが分かるはず。

という事で、

長くなりましたが、コンディショニングの方法をお伝えします😊


今回はストレッチ編です❗️



ストレッチ
①図のように壁の横に立ちます。

②胸を張り身体よりやや後ろに手をつきます。 (硬い方は無理せず、体の横から始めましょう)


ストレッチ
③壁側前方に少しずつ体重をかけて行きます。 (腕は付いてこないように斜め上に置いてくるイメージ)

④胸に気持ち良くストレッチ感を感じるところでキープ。

⑤20〜30秒程度行います。

⑥左右交互に行いましょう。


1番おすすめのタイミングは、

デスクワークの合間やご自身で胸のトレーニングを行う前後‼️

あくまでも、硬くしっぱなしは良くないですよ❗️という事。


使ったらこのようにストレッチをしましょう😊


古山

閲覧数:8回0件のコメント
bottom of page